スポンサーサイト

  • 2016.08.25 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    自分でもやれることはやってもらいます

    • 2016.08.04 Thursday
    • 11:01

     

     

    父の死後、母が可哀想だから、気力もないだろうから・・・と気をまわして全部の家事を引き受けてきました。

    しかし、ただ感謝も無く横柄な態度ばかりが目立つようになりました。家族として共に生活を営むのなら、私の甘やかしは間違いですね。

     

    今までの母の暮らしは、食事は温かいものが出てくる。もちろんご飯炊きたて。部屋の掃除もゴミ出しもしてもらえる。少しだけ濡れたタオルも取り替えたら洗ってもらえる。一日に何枚着替えても翌日には綺麗に洗って目の前に置いてもらえる・・・・・。

    買いたいものがあればすぐに車で連れてってもらえる。買った荷物は全部運んでもらえる。生活費は父の残した遺族年金を5万渡せばなんでもやってもらえる。ちょっと足腰が痛いと言えば何もしなくても済んでいく。。。

     

    こんな女王様のような生活をさせていました。

    父が亡くなった悲しみにいつまでも浸ってるとは思えません。仏壇の花も自分から買ったことありませんからね。

     

    昨日から変えました。

    出来ることは自分でしてもらう。でないとどんどん筋力も衰えますからね。

    最近めっきり足の筋力が落ちて、歩かなくなちましたもんね。

     

     

    自分の洗濯物は自分で干してもらう。取りこみはするけど、ハンガーから外して畳むまで自分でやる。

    干したタオル(だいだい毎日20枚)をタオル専用ハンガーから外して畳む。

    自分のご飯は自分でよそう。炊き立てご飯が無かったら冷ご飯をレンチンする。

    買いものや病院に行きたい時は私の都合を聞いてからにする。(緊急時は別です)

    毎朝、7時半には起きるようにする。火曜と金曜の可燃ごみを前日に袋に入れて置く。水曜のプラゴミも同じく。

     

    以上の事をやってもらいます。

    一緒に生活していくのなら、やれることは協力して当然だと思います。

    洗濯物を畳むのは指を動かすことになるし、自分の出したゴミを集めるのも日時を忘れず頭を使うことになるから。。。

     

    それ以外も私に頼らず(命令せず)自分でやるか出来ない時は家族にお願いするようにして欲しいと言いました。

    お互いが心地よく暮らす努力をしてほしい、いやするべきだと!

    もう命令形で話されるのは嫌です。

     

    旦那の義母は腰が曲がって半分に折れているのに一人で全部やっています。少しは見習いなさいと言いました。

    ま、ライバルを作っておくのもいいのかもね。

     

    でないと私が潰れそうですから。。。

     

    私の方は、かなり落ち着いてきました。まだ普段通りに話すことはためらわれますが・・・。

    重い母を背負って歩く道のりはまだまだ長いです。

     

    変わるか変わらないかは本人次第ですね。ずるい事はもう許しません。

     

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM