スポンサーサイト

  • 2016.08.25 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    母の言動に腹が立ちます。

    • 2016.08.02 Tuesday
    • 10:48

     

     

    昨日の事です。

     

    母が朝食を食べ終わった後、食器を洗い場に持って来ました。

    いつものように食器を置いてからキッチンの水道で手を洗い、冷蔵庫に掛けてある手拭きタオルで手を拭きました。

    そしてそのままそのタオルで自分の口の周りをごしごしと拭き取ったんです。

     

    は???? 手拭きタオルで自分のクチを拭いた???

    これは許せることではありません。キッチンのタオルは家族が使うもので、個人のタオルではないんです。

     

    「ちょっと、ばあちゃん、今このタオルで口拭いたよね?そんなことしたらあかんやん。みんなが使うタオルやろ?クチ拭いたタオル取り替えてよ!」 と言いました。

     

    私がたまたま見かけたので注意したんですが、母はいつもやってるようです。タオルにケチャップがべっとりついてたり、卵を触った手も洗いません。自分が飲む専用のお茶(作るのは私です)の水筒もざざっとゆすいで、食器を拭く綺麗な布巾で拭くんです。布巾が茶渋で汚く染まっているんです。

    前々から何度も不潔だから止めて欲しい、私が洗うから置いといて!と言ってたんですが、目の前で見てしまったので、現行犯として注意しました。

     

    そしたら「タオル替えたらええんやろ!」と逆切れです。

    「タオル替えたらええだけの問題と違う!タオルで口を拭いたらあかんの!!なんでそんなことも解らんの!!」

    私も一気にヒートアップしてしまいました。

     

    今までもずっと同じ土俵に立ってはいけない、相手にしてはいけない。上手く回避する方法を考えてから母に伝えていましたが、昨日は自分が納まりませんでした。

     

    それからは、今までの事が一気に思い出され、あの時もこの時もそうだったと怒りに任せて言ってしまいました。

    どこかで止めなくちゃと考えてる自分がいるのに、次から次へと嫌な思い出が蘇って来て、止められずに叱り飛ばしました。

     

    母は認知症はありません。膝が痛い、腰が痛いと言って、家事を何もやりません。全て私に丸投げです。

    家の中では自分が中心、女王様のつもりでいます。

    家族で生活するんだから、どこのお宅でもルールがありますよね。

    たとえば掃除の仕方だとか、洗濯物の出し方だとか、風呂の入りかただとか・・・自分が使ったら後の人も使いやすくしておく心配りは、全員が気持ちよく暮らすためのものだと思うんですよね。

    それが何度言っても守れない。。。。

     

    一番腹が立つのはうちの旦那に対しての言動です。

    旦那は洗濯物とか手が空いていれば干してくれます。当然の流れのようにやるんです。

    その中には母の下着もあるわけですよね。旦那が母のパンツを干してても、それもみてもなんとも思わないんです。

    旦那は母が出来ないからしゃーないなと思ってるんですが、それは違うんです。

    母は自分のオシャレ着はちゃんと自分で手洗いして洗濯機で脱水して干すんです。

    なのに自分の下着は娘の婿が干すのが当たり前なんです。

     

    今まで言わなかったけどあまりにも腹が立って

    「娘婿にパンツ干してもらって恥ずかしくないの?」と怒りに任せて言いました。

    すると「そんなん知らんかった、あんたが干してると思ってた」

     

    もっと腹が立つのは尿取りパットを取り忘れて洗濯機に入れる事です。

    ババアの取り忘れた尿取りパットが洗濯物から出てきたときは怒りに燃えます!!

    全部やり直し、無駄な作業です。

    旦那がパットを見つけた時はコチラが恥ずかしくて謝りました。

     

    母に言っても「ああ、忘れとった」それだけです。

    謝りもしない、感謝もしない。。。。都合の悪い時はすっとぼける。。。

     

    高齢だから、父が亡くなって間が無いから。。。そう思って今まで呑みこんできましたが、今日から止めました。

    洗濯物は下着以外は干すけど「自分のパンツは自分でやって」と言いました。

    だってオシャレ着は自分で干すんだもん。出来るはずです。

     

    昔元気だったころの母のルールは「夏の洗濯物は1時半に取り込むこと」でした。

    一緒に同居するようになってから面倒くさい家事は私の役目になりました。

    真夏の1時半に洗濯物を取り込むのは苦痛です。もっと後ではダメなのか?と尋ねたら布が傷むからダメとキツク言われました。

    2人目を妊娠中に1人で毎日ふらふらになって洗濯物やら親の布団を取りこんでました。

    昨日ふいにその記憶が蘇ってしまいました。家に両親がいても何も手伝ってくれませんでした。

     

    3人目を産んでから、洗濯物を干していた時に縁台を踏み外して落ちたことがありました。

    あばらに縁台が当たり、息も出来ずに悶絶している私をみて母が「はははは、転んでるわ」と笑ったんです。

    あばら2本にヒビが入ってました。

     

    息子が高校生の時、自転車通学してる朝にトラックと接触しかけて転倒し救急車で病院へ運ばれました。幸い3針ほど縫っただけで済みました。

    その時たまたま私の車が車検に出してあったので、警察からの電話ですぐに病院へ行く為に母の車を貸してほしいと頼みました。

    大事な息子の一大事ですからOKだと思ったんですが「私が習い事に行けんから貸したくない」と真顔で言ったんです。

    さすがにそれは父が怒って車を貸してくれました。

     

    今まで封印してた事が一気に噴き出しました。もっとあるけど書いてると虚しい。。。

    「いい加減にしてくれ!ちゃんとルールは守って、守れないなら自分でやって」と。。。。。

     

    返事は「ああこわ〜〜〜」でした。

     

    やっぱり相手にするだけ無駄でしたね。一人怒ってたけどあほくさくなりました。

    今日からパンツは自分で干してもらいますし、キッチンには立たないようにしてもらいます。全部私がお膳を下げます。

    どっちにしろリフォームしたら私のキッチンだし、場所も全部変わるから触れないよね。

     

    怒りに燃えた一日でした。

     

    書いて忘れよ!!さっさと忘れよ!!

    くだらない内容でごめんなさい。気分が悪くなったらごめんなさい。

     

    そして母は知ってるんですよ、私が母の愛に飢えてる事を。。。

    ちょっと優しい言葉をかければホイホイ動くことを・・・。もうバレバレです。あなたの思うようにはなりません。

    こんな母ですが私の母なんです。見捨てるわけにいきません。

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2016.08.25 Thursday
    • 10:48
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      はじめまして。
      記事を読んでいて涙が出そうになりました。
      私も、親に対する不満を書けばいっぱいあるんです。でも、親にみとめてほしい、甘えたいという複雑な気持ち、同じだと思いました。
      実親といえども同居は難しいですね。えらいと思います。
      • スマイルバナナ
      • 2016/08/02 12:12 PM
      これはね〜、私はよくわかります。実母だからこそ腹がたつこと。言えなかったけれど、言いたいことなど。よくわかります。
      本当に。

      私も今日久々に母に言い返しました。子供のことですが、譲れないことは譲れません。

      あぁ〜わかる。分かりますよ。自分の母ながら腹立つこと。
      • リリー
      • 2016/08/02 6:15 PM
      苦しいね、切ないね、辛いね、哀しいね。
      親は自分の意見が絶対だと思ってるけど、そうではないことを幼心に子どもはちゃんとみてるんですよね。
      私は母が怖くて反抗もできない子どもだったけど、大人になってからあまりに理不尽な母の言動に初めて言い返したことがあります。
      その時母は「怖い娘だよ」って言ったんです。
      えりあママさんのお母さんと一緒だーって思いました。
      でも、でも。
      こんな母だけど私の母。
      えりあママさんの葛藤が痛いほどよくわかります。
      • そらはな
      • 2016/08/02 7:40 PM
      「スマイルバナナ様へ」
      はじめまして。重い記事に勇気をもってコメントをくださりありがとうございます。
      HNを拝見して、もしや同じカテゴリーにいらっしゃる方かなと思いました。
      違っていたらごめんなさい。
      自分の親、難しいですよね。
      求めているのに突っぱねられてしまう・・・もう50年以上そんなです。
      反面教師にして自分の子は甘々に育ててしまいました。もうちょっと離しても良かったかな〜〜。


      「リリー様へ」
      コメントありがとうございます。
      リリーさんの子供さんを守る姿、凛々しいです。
      子供さんはお母さんの事ちゃんと見てますから、一番の味方であることをちゃんと理解してるでしょう。



      「そらはな様へ」
      コメントありがとうございます。
      うん、苦しいです。
      なんで解ってくれないんだろうって・・・
      「ありがとう」の一言で気持ちが救われるのにね。
      あんたには負けんからって言われます。
      勝ち負けとちゃうわ!!
      そらはなさんのお母さんも同じ反応だったのね。
      あちゃ〜〜。
      • えりあママ
      • 2016/08/03 10:31 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM